研究内容

当研究室では、自然免疫に着目し、ウイルスに対する自然免疫応答や、ワクチン投与後の副反応が生じるメカニズム、がんの免疫療法、加齢による免疫システムの変化などを研究しています。


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)やインフルエンザなどのウイルスに感染すると、最初に自然免疫が働きます。この自然免疫応答の中でも、強い抗ウイルス作用を持つI型インターフェロンの産生が特に重要です。

 私たちの研究室では、このウイルス感染初期のI型インターフェロン産生の分子メカニズムの研究をしています。これまでに、細胞のエンドソーム内でウイルス由来の二重鎖RNAを認識するTLR3の研究から、TLR3のアダプター分子としてTICAM-1(別称TRIF)を発見しています。また、細胞質内のウイルスRNAを認識するRIG-I分子について、その活性化を制御するユビキチンリガーゼとしてRiplet分子を発見しました。実際に、TICAM-1分子を失うとポリオウイルス感染に弱くなることや、Riplet分子を失うと様々ウイルス感染に弱くなることを動物実験で発見しました。

 このような自然免疫はヒトでも重要であることがわかってきています。新型コロナウイルスはこのような自然免疫応答が働かないように、ウイルスタンパク質が自然免疫を強く抑制することも報告されています。自然免疫のメカニズムを解明することは、ウイルスに対する治療薬開発や新たな治療法の開発の基礎となるとして注目されています。

 

主な研究テーマ

・ウイルス感染に対する自然免疫の分子メカニズム解明

・自然免疫を利用した新しい治療薬の開発。

 

       

 詳しくは、こちらのページをご覧ください。



 HPVワクチンや新型コロナワクチンなど、感染症から私たちを守るワクチンは非常に大切なものとして使われています。一方で、ワクチンの効果が高齢者では十分でない場合があることや、副反応が強い場合があるなど、ワクチンの改良についても求められています。私たちの研究室ではワクチンが働く仕組みについて研究しています。

 インフルエンザワクチンの研究からは、高齢者の予防効果を高める方法を新たに開発しました。また、新型コロナワクチンの研究から、副反応の強さの原因の一つがTNF-αと呼ばれるサイトカインであることを発見しています。このようなワクチンの副反応や次世代の新しいワクチンの開発をしています。

 

主な研究テーマ

・高齢者向けワクチンの開発

・HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の研究

・次世代のRNAワクチンの開発。

 

興味のある方はこちらのページもご覧ください



 

 私たちの研究室では新型コロナウイルス(SARS CoV-2)に関する研究をしています。がん免疫療法の技術を使ってCOVID-19を予防するワクチンの開発などをしています。

 

 がん免疫療法ではこれまで、がん抗原を標的としたペプチドワクチンの開発が進められています。私たちの研究室ではこの技術を新型コロナウイルスに対するワクチンの開発に応用します。従来のワクチンと比較して、化学合成でワクチンを作成できる利点や、将来生じる新たなコロナウイルス感染症の予防にも効果があると期待されます。(ここをクリック)


がんの免疫療法

 T細胞の抑制に働くPD-1やCTLA-4をターゲットとしたがん免疫療法は劇的な効果を示し、2018年のノーベル賞の対象となりました。しかし、PD-1やCTLA-4を阻害する免疫チェックポイント阻害剤を用いた治療は全ての患者に有効であるわけではありません。私たちの研究室では、抗腫瘍免疫の研究を続け、血液中に存在するIL-6や、可溶型のIL-6受容体が抗腫瘍免疫に強い影響を与えることを発見しました。さらに、血中のIL-6量が多いと、抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体による治療効果が減弱することを発見しました(Tsukamoto H et al Cancer Research 2018)。このように免疫チェックポイント阻害剤が「効かない」メカニズムを解明することで、治療法を改善し、より多くの人を救うことができると期待されます。

 

 

PD-1やPD-L1を阻害する免疫チェックポイント阻害剤を投与すると、PD-1陽性の腫瘍随伴マクロファージからのIL-6の産生が増加します。産生されたIL-6はTh1細胞を阻害してしまうために、抗腫瘍免疫が上手く働かなくなります。そこで、免疫チェックポイント阻害剤と同時に、IL-6の阻害抗体を投与することで、スムーズに抗腫瘍免疫が誘導されます