COVID-19の終息時期

ー新型コロナウイルスはどこから来て、どこへ行くのか?ー

 新型コロナウイルスがどこから来たのかは不明です。このような発生源が不明であるウイルスは新型コロナウイルスに限ったことではありません。多くのウイルスの発生源は解明されていないのが実情です。例えばエイズの原因になるHIVもサルから来たと言われていますが、どのような経緯でヒトに感染したのかや、最初の感染者は誰だったかといったことはわからないのです。

 一方で、新型コロナウイルス感染症が「最初に報告された」のはどこか?というと、これは中国の武漢市になります。2019年の12月の末に武漢市内で非定型肺炎が集団発生しているとの情報が流れました。その原因として2020年の1月に中国の複数の研究グループからコロナウイルスが原因だと報告されました。最初は武漢市内にある華南海鮮市場でお店を開いている店員や客たちが発症したことから、市場で売られていた野生の動物が原因ではないかとも報道されました。しかし、この華南海鮮市場が発生源かどうかは後の調査で疑問視されています。例えば、2020年の3月26日に掲載されたニューイングランドジャーナルの論文(N Eng J Med 2020 382: 1199-1207)では最も初期に発見された2人の患者は華南海鮮市場を訪れていないと指摘してます。その後、ヨーロッパで2019年の間に採取したサンプルから新型コロナウイルスが検出されたとの報道があったり、米軍が中国に持ち込んだ可能性について中国政府が発表したりするなど、結局のところ発生源がどこかは既に永遠の謎となっています。


 

 

 ウイルスの遺伝学的な調査からは新型コロナウイルスと最もよく似たウイルスはコウモリのコロナウイルスであると一時期報告されました。これは2020年2月3日にNatureで発表された論文(Nature 2020 579: 265-269)の中で、新型コロナウイルスはコウモリに感染しているBat-SL-CoVZC45ウイルスと82.3%のアミノ酸が保存されていると発表されたことや、それ以前のいくつかの論文で遺伝子配列の検索結果から、このコウモリのウイルスが最も新型コロナウイルスと似ていると発表されたためです。

 このBat-SL-CoVZC45というウイルスの名前は、コウモリにいるSARSウイルスと似たコロナウイルスのZC45株という意味です。このウイルスは2018年に中国の研究者らによって最初に報告されました(Emerging Microbe & Infections 2018 7: 154)。この報告を読むと中国の研究グループは浙江省の舟山市の洞窟にいるコウモリを捕獲し、2017年の2月17日に捕まえた85匹のコウモリ(Rhinolophus sinicus:キクガシラコウモリ)の一匹から、このBat-SL-CoVZC45と呼ばれるウイルスがとれたようです。このウイルスは研究室でよく使われるVero細胞には感染できませんでしたが、中国のBSL3の施設内で、ウイルスに感染しているコウモリの組織抽出液を生後3日の授乳期のラットの脳に注射してやると全身の様々な臓器でウイルスが増殖することが観察されたと論文中で報告されています。

 

 Bat-SL-CoVZC45と呼ばれるウイルスの性質は新型コロナウイルスと大きく違っています。新型コロナウイルスはラットには感染せず、逆に研究室でよく使われるVero細胞には感染できません。ですので、新型コロナウイルスとこのウイルスが似ているからといっても、このウイルスが直接ヒトに感染したわけではないようです。その後の研究から新型コロナウイルスと似ていると報告されたウイルスはBat-SL-CoV-RaTG13と呼ばれるウイルスです。このウイルスは先に紹介したNature誌と同じ号の2020年2月3日に発表された論文に掲載されていました。このウイルスは中国の雲南省にいたコウモリのナカキクガシラコウモリ(Rhinolophus Affinis)から採取されたウイルスと論文の中で記載されています。残念ながらこのRaTG13株の性質については名前以外に報告はありません。このRaTG13株については日本ではあまり着目されていませんが、海外では少し話題となっているようです。最近はSNSの発達から論文もオンラインで公開され、公開された論文にはコメントをつけることができます。通常は発表した論文にコメントがつくことはありませんが、この論文のRaTG13株の記載が十分でないためにコメントが多くつけられているようです(https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7#Sec13)。

 

 

 今回の新型コロナウイルスの名前がSARS-CoV-2と名付けられたように、2003年に中国で流行したSARSの原因となったコロナウイルス と新型コロナウイルスは似ています。以前にSARSが流行した時に中国国内ではSARSに関しての研究が活発に進められました。その時にSARSのコロナウイルスと似たウイルスはコウモリにも感染していることがわかったのです。そのため、今回の新型コロナウイルスも当初はコウモリからヒトに感染したのではないか?と考えられました。ところがその後にコウモリ以外の動物からも新型コロナウイルスに似たウイルスが発見されたと2020年の3月26日のNature誌に発表されました(Nature 2020 583: 282-285)。その動物はマレーセンザンコウという動物です。センザンコウといっても馴染みがない動物ですが、漢方薬の材料に使われることもあるそうです。ウイルスが発見されたのはマレーセンザンコウの主な生息地は中国ではなく、インドネシアやマレーシアなどの東南アジアに生息しているそうです。


 遺伝子の研究からはコウモリかあるいはマレーセンザンコウのいずれかからヒトに感染したと推測されます。このように動物からヒトへ感染するウイルスなどが原因となる病気は人獣共通感染症と呼びます。実はインフルエンザもヒトだけでなく鳥や豚などの動物に感染することから人獣共通感染症です。一方で天然痘ウイルスやC型肝炎ウイルスは主にヒトからヒトへ感染するのでこちらは人獣共通感染症とは呼びません。コロナウイルスは人獣共通感染症なので、インフルエンザのように撲滅することは難しいと思われます。そのことから新型コロナウイルスが終息したとしても、数十年後にはまた別のコロナウイルス感染症が現れるのではないか?とも言われています。

 

 今回の新型コロナウイルスがいつ頃終息するのかについてはまだ全くわかりません。現在開発されているワクチンの予防効果が高ければ、この冬を最後に終息していくと思われます。また100年前に流行したスペイン風邪では2度の大流行のあと急に消えてしまったと報告されていることから、やはり、2回目の冬を過ぎれば終息するのかもしれません。そうすると、今年の冬を過ぎれば新型コロナウイルスも終息すると期待することもできます。

 

 スペイン風邪が終息した理由は集団免疫を獲得したからと言われることがあります。当時の日本では5割以上の人がスペイン風邪のウイルスに感染したともいわれています。しかし、新型コロナウイルスでは集団免疫を獲得するというのは現実的でないことも多くの研究者らによって指摘されています。集団免疫やワクチン以外にも実は新型コロナウイルスが2年で終息する可能性もあります。それは、新型コロナウイルスがRNAをゲノムに持つからです。RNAは遺伝子が変異しやすいという特徴を持っています。新型コロナウイルスの高病原性の原因はわかりませんが、この高病原性が感染力と関係なければ、その高病原性を失ったウイルスが流行する可能性もあります。感染力が強いと毒性も強いと思いがちですが、感染力が強いことと病原性(毒性)が強いことは必ずしも一致しません。また毒性が強すぎるウイルスは宿主を殺してしまうため他の人に感染する機会を失うケースもあります。そのことから、RNAをゲノムに持つウイルスは緩やかに病原性を弱めていくという仮説もあります。

 

 ウイルス感染症の天然痘やポリオはワクチンの登場により終息しました。またC型肝炎やエイズは治療薬の開発により問題の解決に大きく前進しました。治療薬は世界中で開発されているため画期的な治療効果を示す薬が誕生すれば終息するものと思われます。今のところCOVID-19については両方のアプローチが取られています。しかし高い効果を示す薬剤は通常は数年以上の開発期間が必要であることから、おそらくワクチンによる解決が先になると思われます。ワクチンそのものは既に作製されていますので、現在、感染が拡大しつつあるヨーロッパなどで臨床試験でワクチンを接種した人としなかった人で比較が進められていると思われます。その結果は今年の終わりから来年の初め頃に明らかになると期待されます。その後にワクチン接種後進むと考えると、現段階での終息時期の最短のシナリオは来年の3月から6月頃ではないでしょうか?

 

2020年10月21日 改定